2015年4月29日水曜日

ニコニコ自作ゲームフェス5へエントリー

ゲームフェスにエントリーしたことを書こうと思っていたら、便利ツールの紹介になっていた。。。
そんな今日のブログです。

エントリーのため動画をアップロード


ニコニコ自作ゲームフェス5へは、超あほげーさんに「割引狩 WaribikiHunter」のエントリー代行をお願いしています。
冷静に考えると、その前に作った「お団子キャノン」もエントリーできるんじゃね?といまさら気づいて、がんばってエントリーしてみました。
エントリーするには動画をアップロードしないと始まらないようです。

動画を作るのは、前に GooglePlay の宣伝用の動画などを YouTube にアップロードしていたので、簡単にできました。
ニコニコ動画の作品をみると BandiCam を使用している人が多かったのでアマレコではなくそちらを使いました。

mp4 でとってみると 91 MB もあって、ニコニコの無料会員の制限 40 MB を軽く超えていました。
でも、負けない(`・ω・´)シャキーン
俺には AviUtil さんがいるからな!(`・ω・´)

「それでも AviUtil なら… AviUtil ならきっと何とかしてくれる…」


動画の編集やエンコードなら AviUtil


何も考えずにでかい mp4 を AviUtil にくわせてプラグインの X264 で出力すると 20MB にまで圧縮されました。
AviUtil さん万能すぎー。ヽ( ´¬`)ノ ワ~イ !!

それで、早速ニコニコ動画の投稿に 20MB の mp4 をアップロードしたのですが、
「ビットレートが無料会員の限度を超えているから出直せ(・∀・)カエレ!!」
みたいに、突っ返されました。映像と音声のビットレートの合計 600KBps が制限らしいです。

調べてみたら、すでにいれているプラグインの X264 の出力の設定をいじることで対応できるようです。
保存ダイアログの動画の圧縮のボタンを押すと出てくる設定画面。
細かくいっぱい設定がいっぱいあって、「あ、俺には無理かも」と思ったんですが、親切なQ&Aなどをみて設定しました。



上のように設定して、出力すると、無料会員のビットレート制限の 600Kbps に抑えて出力できました。
まじで、 AviUtil さんかっけーっす。

スクリーンショットをお手軽にできる FastStone Capture


あと、スクリーンショットで使っている FastStone Capture も素敵な発見がありました。
PrtScr キーでパシャコっと撮影した後、ドローというボタンで、上のような図形を簡単に追加できます。
最後にOKを押すんだけど、そのときに上のアンチエイリアスのチェックをはずさないと処理がかえってこなくなりました
それさえ注意すればかなり楽にSSを作ることができます。

blogger とかにニコニコ動画を埋め込む方法


そんなこんなで動画がアップロードできました。
ちなみに blogger でニコニコ動画を貼り付けるには、ニコニコ動画のページの共有ボタンから、外部プレーヤーのコードをコピペすればよかったです。プレビューだと表示されませんが、勇気を出して公開してみると表示されました。

【ニコニコ動画】【大砲ゲーム】お団子キャノン OdangoCannon【Unity 2D】

ニコニコ動画初投稿&エントリーした感想


エントリーは簡単で、「ニコニコ自作ゲームフェス5参加作品」というタグを設定してロックするだけでした。
あとはゲームの簡単な紹介と、プレイするためのURLを動画の説明文に書くだけでOKのようです。

ニコニコは見てコメント書くことは数年前からしていましたが、投稿者となるのは今回が初めてなので、使い勝手がまだよくわかりません。
早速「なんかかわいいなw」というコメントがもらえてうれしかったです。
YouTube でもコメント欄はありますが、画面に直接流れるのをみると「あー、このタイミングでそう思ったんだな」とわかって楽しいです。

せっかく募集期間が延長されたのでもう一作品、できたら作りたいと思います。
余裕ができたら過去に YouTube にあげておいた作品の紹介動画もニコニコにも転載したいです。


0 件のコメント:

コメントを投稿